代表あいさつ会社のあゆみ養豚紹介豚ふんおがくず堆肥VISION会社概要


 

地元の農協と協力し、地元山辺産のお米を食べて育ったピッグファームのおいしい豚です。 名前は公募で募集し、「おいしいお米を食べて、あまりのおいしさに舞い踊る豚」と山辺町の舞祭り(AGASUKEダンス)をイメージして2008年12月に「舞米豚」と名付けられました。 主に山辺町のスーパーでの取り扱いを行っており、町内外のホテル・料理店でもお料理として振る舞われています。

 
     
 
 

民間分析機関による研究で一般的な国産豚肉と比較した調査によると、舞米豚はやわらかく脂肪が少なめで甘みがありおいしいという分析が出ています。 理化学成分では表記のような数字が出ておりますが、実際に口にして頂くと普段食されるお肉とは味わいの良さがはっきり違います。ぜひご賞味下さい。

     
 

舞米豚は地元の稲作農家と協力して、生産システムのサイクルが構築されています。田んぼから生まれた玄米が豚の飼料となり、豚から出た糞尿が堆肥となり田んぼの土へと帰ります。 これら舞米豚が誕生する生産システム全体がエコロジーとなっており、地域と環境にやさしいECOな存在となっております。

 
     
 
 
  • 寒河江市のやきとりBar : 寒河江市
  • やまのべ・まるごと・フェスティバル(11/3) : 山辺町
  • 旬の朝一(駅西)山形県グリーンツーリズムさん : 山形市
     
 

2009年の第10回山形ふるさとCM大賞にて、山辺町の地域活性化を促進させるべく、舞米豚を中心にした山辺町CMが制作されました。 歌に合わせてふりつけされた、この「マイマイマンボ」は町の方々や学生の多くの方にご協力を頂いた力作で、 数少ないCM受賞の中で企画賞を頂く事ができました。関係者の皆様のご協力を頂きまして誠にありがとうございました。

山形ふるさとCM大賞のホームページはこちら

 
     
 
 
     

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社 山形ピッグファーム Copyright (C) 2007 Yamagata Pigfarm Co., Ltd. All rights reserved.
Web design by STUDIO-MUGEN.